沿革

昭和62年
株式会社ティグの事業拡大に伴い、フレキシブルチューブ専門部門としてタイフレックス株式会社を設立する。
昭和63年
新日本製鐵株式会社の協力のもとに、世界で最初に小口径チタンフレキシブルチューブを開発し熱交換器の分野で大きな出来事となる。
平成3年
スプリンクラー用のフレキシブルチューブの製造を開始する。
最初の製品は大型スーパーに設置された。
日本水道協会検査工場(第Q-117号)として承認される。
平成7年
流体力学に基づいてウォーターハンマー防止用のショックレスフレキシブルチューブを開発する。
平成8年
波状管の製造を開始する。この年特許3件、実用新案2件を申請した。
平成10年
フレキ連続製造機3号機を設置する。
平成12年
製品の一部が公共団体の指定商品となる。その他、製品開発3点。
平成13年
免震耐震フレキシブルチューブ(15A〜150A)を開発する。
この年までに特許8件、実用新案9件を申請した。
平成15年
大口径チタンフレキシブルチューブ(32A以上)フランジ付を完成させる。
特許10件、実用新案9件となる。
ISO 9001 認証取得
認証規格
JIS Q9001:2000 / ISO 9001:2000)
平成16年
特許1件を申請した。
平成17年
特許4件、実用新案2件を申請した。
平成18年
特許1件、実用新案2件を取得した。
平成19年
特許2件を取得した。
平成21年
ワンタッチフレキを新聞発表した。
(平成21年4月10日、4月23日 日刊工業新聞)
平成22年
大阪水道器具工業会に入会した。
ページトップへ